webhostingmoz.net

エアコン関係の節約術

キッチン関係の温度と節約術

エアコン関係の節約術 大型家電製品の場合は、電気代が心配になります。形が大きいのでそれだけ電気代もかかるのではないかと思ってしまうからですし、冷蔵庫などは1年中つけっぱなしですので、相当電気代がかかるのではないかということで動いている音を聞くだけで、節約できないかと思ってしまいます。節約術ではそれらの電気代の節約が重要ではないかと思います。冷蔵庫の場合には止めることができないので、できるだけ電力消費を少なくする方向で節約を考えますが、例えばキッチンの温度が問題で、冷蔵庫の周りの温度が5度上がると消費電力が10%から15%上がるということが言われているそうです。できるだけ風通しをよくして熱がこもらないようすることも大切です。

またコンロと冷蔵庫の場所を離すことが出来る場合には、温度が上がってしまいますから離すようにするとか、断熱材を置くとかしておくと、電気代の節約になります。もちろん冷蔵庫のドアの開け閉めの回数も少なくします。またキッチン関連ではお湯を沸かす時に電気ポットは使わないようにしてガスコンロで沸かすと年間で数千円節約できるそうです。私も電気ポットを入れっぱなしにしておいて、電気代が非常に高くなった体験がありました。便利ですが節約術から見ると使わないのが一番です。使う場合でも、お湯を沸かして、その後の保温で短時間使うのが良いと思いました。